業者選びに役に立つ相談・カウンセラーに関連した業者をご紹介します。

カウンセラー事業コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月13日 [FAQ]

心理カウンセラーになりたい。どうしたら心理カウンセラーになれますか?

大学では心理学を専攻しており、現在営業職をしていますが、心理学を生かしたセールステクニックを駆使し、営業成績もトップを争っています。
しかし、営業職はあまり好きではなく、できれば心理カウンセラーとして、困っている人、悩んでいる人、苦しんでいる人の手助けをしたいと考えています。
私自身、人の相談に乗るのが好きですし、実際にたくさんの人から相談されます。
また、私も辛いことがあったり、困ったことがあると、すぐに人に相談するようにしているのですが、専門性があればあるほど、実はあやふやな回答しかしてもらうことができず、結果としてもやもやするだけ、という経験がたくさんあります。
そこで、色々な人の色々な悩みを相談してもらい、解決に導いてあげたいと思い、心理カウンセラーになりたいと考えているのですが、心理カウンセラーとして活動するためには、どういった方法が考えられるでしょうか。

回答

知識だけではなく経験が必要でしょうね


心理カウンセラーとして活動するために必要なこと、それは知識と経験です。
あなた自身、知識はおありのようなので、あとは経験を積むことが最優先でしょう。
まずは、無料で相談させてくれる場所を探し、無料心理相談を開催して経験を積んではいかがでしょうか?
よくあるケースが、児童養護施設での無料相談ですね。
ただし、もともと複雑な家庭環境で育った子が働いているので、一人一人に合わせた心理相談のスキルが必要です。
自分の知識をひけらかしたい、自尊心を満たしたいというだけであればやめておきましょう。
心理カウンセラーを名乗る上では、特に資格は必要ありません。
まあ、心理カウンセラーの民間資格や、国家資格である公認心理師の資格を持っていれば信用度は高まります。
しかし、やはり全ては結果。
あなたに相談して、問題が解決された、心が晴れた…という人がいることが、あなたに相談したくなる何よりの信頼です。
営業として活動されているのであれば、お客さんの悩みに無償ののってあげて、代わりにお客さんの声をいただく、という方法もあります。
どちらにせよ、まずは経験です。
とにかく悩んでいる人のカウンセリングを行う。
100人くらいやれば、なんとなくパターンが見えてくるはずです。

PageTop