業者選びに役に立つ相談・カウンセラーに関連した業者をご紹介します。

カウンセラー事業コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年10月23日 [FAQ]

カウンセラーとセラピストは違うの?

今ではすっかり立ち直りましたが、バツイチの私は離婚問題で心に大きな傷を負ってしまいました。
結婚後も仕事を続けていて、今思えば離婚の一番の原因が元夫の浮気だったことから、結婚するときに元夫からは仕事を辞めることを切望されたのを、かなり悩みましたが断って仕事を続けていて本当に良かったと思っています。
離婚問題で悩んでいたときに、職場の同僚が私の様子がおかしいのを見かねて相談に乗ってくれて、そのときに紹介してもらった離婚カウンセラーの方のお陰で、多少時間はかかりましたが、今後のことも含めていろいろなアドバイスを受けて、最終的にも離婚に踏み切ることができて、一人で生きていく自信もついて、しばらくは仕事だけに打ち込んできましたが、現在は新しい恋を見つけようと思えるようになって、もう二度と結婚はしないという気持ちに、良い意味で変化が生まれたところです。
もちろんもしも二度目の結婚ができても、仕事は続けていくつもりですが、私を助けてくれたカウンセラーという存在にもとても興味があって、とれるものならカウンセラーの資格がとれればいいと思っています。
そこで質問なのですが、会社の同僚も、カウンセラーという呼び方をすることもあれば、セラピストと言っていたこともあるのですが、カウンセラーとセラピストとは違うものなのでしょうか?


回答

正確には2つは異なる心理療法を身に付けています。


正確には、カウンセラーとセラピストはその仕事内容が大きく異なります。
カウンセラーのところに悩みの対するアドバイスを求めに行ったのに、期待していた具体的なことは何も教えてもらえなかったというケースはよくあります。
カウンセラーとは、その名の通りに「カウンセリング」を行う人で、セラピストとは「セラピー」を行う人です。
いずれも心理療法を学びますが、セラピストは「サイコセラピー」という精神医学から発達した心理療法を、カウンセラーは、心理学から発達した心理療法という大きな違いがあります。
セラピストの対象は、具体的な症状を抱えている患者で、目的はその症状を治す具体的な治療であるセラピーを行いますが、カウンセラーはクライアントの話を聞いて、悩みの相談に乗るのが仕事です。
ただし、セラピーを行うカウンセラーや、カウンセリングを行うセラピストも今ではたくさんいて、現在では新しい「癒し系セラピー」という分野も登場しています。

PageTop